着物買取のポイント

着物買取のポイント

母の着物を買い取ってもらった友人の体験談

私は還暦を前に85歳の母を亡くし、その1年後に母の遺品を整理しました。 遺品を整理しながら「人は誰しも遅いか早いか死んでいくものなんだ」と死を受け止めることができました。 母は着物を好み、常に着物を着ていたので、その数は半端では...
着物買取のポイント

着物と帯の買取価格の相場

着物買取業者によっても違いますが、10年以内の着物で証紙や証明書、鑑定書、保証書、保存袋、箱、共布など誂えた時の状態になるべく近い方が、高く買い取ってもらえるようです。 だいたいの目安としては次の通りです。 訪問着:9,00...
着物買取のポイント

着物を長期保管する際の注意点

着物は一度でも着ると、特にかけ衿まわりなどは皮脂やファンデーションがつきやすく、のちの黄ばみの原因となってしまいます。 かけ衿だけのクリーニングも可能なので、気になるようなら早めにクリーニングをしておきましょう。 昔は自宅で着物...
着物買取のポイント

男性の着物について

男性の礼装は、黒紋付羽織袴科、色紋付羽織袴です。 準礼装は色紋付羽織袴になり、略礼装は御召などの羽織袴になります。 おしゃれ着は羽織りに着物、同じ生地で仕立てた紬などの対の羽織に着物などが一般的です。 男性の着物も女性の着...
着物買取のポイント

着物や帯を高く買い取ってもらえる条件

着物買取業者の着物査定士がチエックするのは、以下のようなことですが、事前に調べたり揃えておくと高値がつく場合があります。 取価格を上げるには、伝統工芸品や作家物の着物や帯ならそれを証明する証紙や落款をそろえておきます。たとう紙や、購入...
着物買取のポイント

帯の格と種類

帯も着物と同じように格があり格順ではおおむね、丸帯、袋帯、綴帯、名古屋帯(九寸名古屋帯、八寸名古屋帯)小袋半幅帯、半幅帯、兵児帯などになります。 着物と同様に帯にも「織り」と「染め」があります。 帯の格は、「織りの帯」の方が「染...
着物買取のポイント

着物の格と種類について

着物には約束事があって、例えばミスの第一礼装の振袖は、ミセスになると着ることはできません。芸能界などでは着ている人もいますが、一般的には着る人はいないようです。 着物と帯の取り合わせも格を合わせます。ミセスの第一礼装の留袖の帯が気に入...
着物買取のポイント

着物の訪問査定と宅配査定、どちらが良いの?簡単な判断方法について

一概には言えませんが、買取価格は宅配査定の方が高くなります。 なぜなら、訪問査定だと人件費や交通費がかかるためです。 しかし、訪問査定だとその場で業者とやり取りができるので、納得した価格で買い取ってもらうことができます。 ...
着物買取のポイント

着物の宅配査定の具体的な流れ

ネット上などで依頼したい業者が見つかれば、名前や住所など必要事項をメールに記入して送付します。 もし、疑問点や尋ねておきたいことがあれば、メールをする前に無料フリーダイヤルで確認しておきましょう。 依頼したい業者が決まれば、宅配...
着物買取のポイント

着物の訪問査定の具体的な流れ

買い取ってほしい着物が多くある場合は、自宅まで査定にきてもらいましょう。 遺品整理などで親の着物を処分するときは、着物査定士がいる買取専門店にお願いした方が安心です。 ネットなどで調べて、公式サイトから自分が納得できる業者で出張...
着物買取のポイント

着物買取を依頼する際に必要なものと準備しておくこと

着物を買い取ってもらう際には、運転免許証、保険証、パスポートなど身分が証明できるものを提示するのが決まりです。 準備しておくことは、売りたい着物の産地や品質が記されている証紙をつけておくことです。反物の端に丸や四角の紙が貼ってあるのが...
着物買取のポイント

着物の買取について

「成人式に着物を誂えてもらったが、その後着る機会ががなく、手放したいがどうすればよいのかわからない」 「転勤族で引っ越しのたびに着物の処分を考えるが、なかなか決断がつかない」 「娘や孫に着物を譲りたいが興味を示さない」など、 ...
タイトルとURLをコピーしました